捻挫ガイド TOP → 捻挫の種類 応急処置

応急処置

捻挫や突き指などといった疾患においては、患部に腫脹(腫れる)が出来るのが普通です。これら疾患の応急処置に対しては「RICE法」という方法で対処するのが最も有効であるとされています。

「R」は「REST」、休息・休憩を意味します。「I」は「ICE」で患部を冷却。 「C」は「COMPESSION」、患部を圧迫すること。「E」は「ELEVATION」で、高く上げるという意味の単語です。これら英単語の頭文字を一つずつ組み合わせて「RICE法」と呼びます。この方法は捻挫などの応急処置には非常に有効な手段ですので、覚えておくと大変便利です。

*その1:REST(休息)
捻挫をしたら、その場所からあまり動かさないでください。無理に捻挫箇所を使用して動こうとすると、後遺症が残ってしまう場合もあるためです。

*その2:ICE(冷却)
患部を冷たいもので直接冷やします。目一杯に氷を入れた袋が一番良いのですが、用意できなかった場合はバケツに冷水を入れるか、もしくはコールドスプレーを使用するのが良いでしょう。この際、少なくとも15分間、出来れば30分は冷やし続けてください。あまりにも冷たすぎて患者が辛いという場合は、タオルを間に置いて程よいくらいに和らげれば良いと思われます。

*その3:COMPESSION(圧迫)
捻挫した箇所を強めに包帯などで巻きつけ、ICEの冷やし続ける行為も継続させます。包帯で強く巻きつけた際に指先が痺れ、同時に蒼白となってしまっている場合は強く締め付けすぎである証拠ですので、それよりは緩めた方が良いです。

*その4:ELEVATION(高く上げる)
内出血を防ぐため、患部を心臓より高い位置に起きます。捻挫してから一日中は、この状態を継続するのが効果的でしょう。足関節捻挫の場合はクッションなどで患部を心臓より高く上げて座り(もしくは横になり)、手関節捻挫なら出来る限り意識して心臓より高い位置に手を置くようにしましょう。

捻挫は誰にでも起こる可能性があり、またいつ起こるのか予測するのは困難です。応急処置法を覚えておき、唐突な捻挫にも対応できるようにしましょう。


捻挫の種類



ランタス 副作用
ランタスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!