捻挫ガイド TOP → 捻挫の種類 頸椎捻挫

頸椎捻挫

交通事故、あるいはスポーツ事故など外部からの原因で頚(首の部分)に衝撃を受け、頚の骨(頸椎)の周りにある筋肉・靱帯・神経・血管などが突然に傷ついてしまった時、頚椎捻挫が起こります。まずは首の痛みなどが起こり、症状が深刻化すると頭痛・めまいを引き起こし、更には吐き気なども起こってしまいます。そのようにして症状が深刻化していくと≪外傷性頸部症候群≫というように、単純に頚椎捻挫というのとは別の呼称をされることもあります。

頚椎捻挫はムチウチとも呼ばれ、軽い症状であれば治癒しやすい傾向にあります。しかしながら初期症状から、頚部の激痛・頭痛・吐き気・めまいなどが深刻化している場合は、それに比例するかのごとく治療も長引いてしまうことが多いです。

しかしながら例外もあり、初期症状から酷かった割りに治るのが早かった、という事例もあるにはあります。とはいえ重症の場合は症状が深刻化することも多いため、楽観視は出来ません。最悪の場合は上半身などが慢性的に痺れるようになり、自律神経失調などといった後遺症が残ってしまうこともあるのです。

交通事故によって引き起こされた頚椎捻挫ならともかく、スポーツ事故によって起こった頚椎捻挫は状況によって軽く見られがちです。しかしながら頚部の異常は交感神経などにも様々な悪影響を及ぼすこともあり、症状が軽いからといって甘く見てはならない部分です。出来る限り大事を取って、頚椎捻挫を引き起こしてしまった場合は診断を受けるようにしましょう。


捻挫の種類



鹿児島空港 レンタカー
鹿児島空港 レンタカー・レンタカー 鹿児島空港