捻挫ガイド TOP → 腰痛とぎっくり腰 応急処置

応急処置

腰痛に対して最も適切な応急処置は、ひとまず安静にするということが挙げられるでしょう。急性の腰痛である場合は、特に安静にするという行為が大切になります。続けて急性腰痛に陥ってしまった場合は、氷を目いっぱいに入れた袋などで患部を直接的に冷却しましょう。この際、コールドスプレーなどを利用するのも有効です。後はコルセットなどを利用するか、さらしを使って少し圧迫するように固定するのが効果的です。

しかし圧迫した際、余計に痛んでしまうというのなら、「そのほかの腰痛」でも述べている内臓疾患などが原因の腰痛という可能性もあります。この場合は圧迫してしまうと逆効果になるので、固定するのはやめて患者にとって楽な姿勢を取り、最初の安静にするという行為を持続するようにしましょう。それからは病院で診断を受け、治療・その後の対策を相談すれば完璧です。病院へ行く際は患者に自力で歩かせたりせず、出来る限り車などで送ってあげるようにします。自分自身が患者で、なおかつ自分しかいなかった場合は、自分で車を運転するなどして病院へ行くか、大事をとって救急車を呼ぶようにするべきでしょう。

腰痛の応急処置で一番大事なのは、とにかく無理をせず安静にすることです。無理に動かそうとすると腰痛が悪化し、治療が困難になることもありますし、最悪の場合は後遺症が残ってしまうこともあります。腰痛を発症した時、もしも周りに人がいるのならば、恥ずかしがらずに助けを求めるのも大事です。


腰痛とぎっくり腰



ホイールアライメントの調整
について