捻挫ガイド TOP → 腰痛とぎっくり腰 そのほかの腰痛

そのほかの腰痛

疲労性腰痛・外傷性損傷による腰痛・姿勢異常と歩行異常による腰痛以外にも、腰痛は発症することがあります。たとえば筋・骨格器系に障害が発生した場合にも、変形性脊髄症や腰椎椎間板ヘルニアなどといった疾患によって腰痛が引き起こされることもあります。

先天的に持っていたものにせよ、後天的に起こった形成異常にせよ、完全に治療するのはほぼ不可能という、非常に厄介な性質を持っています。このため、これらの疾患に関しては腰痛などの症状を緩和するか、もしくは症状を無くすことに力を注ぐ形になります。そういった対処法は素人判断で行わず、必ず整形外科にて主治医の指示をあおぐようにしましょう。

そのほかの腰痛には、消化器系が疾患にかかった際に起こるものもあります。基本的には胃・十二指腸・小腸・大腸・胆嚢・肝臓・すい臓に疾患が起こった際に腰痛を発するもので、腹痛を伴うことも多いです。どの臓器もお腹の辺りにあるのに、どうして腰痛なのか、と思われるかもしれません。

理由としては、疾患によってこれら消化器系に炎症ができることで、患部に腫脹(腫れ)ができ、それが腰部を圧迫するからです。これだけでなく脊髄から内臓の辺りにある知覚神経を刺激されるのも、関連痛・放散痛として腰部に痛みが及ぶ原因だろうといわれています。基本的には患部を治療することで腰痛も治まるので、迅速に治療を行うようにしましょう。食べすぎ・飲みすぎなどといった要因で、消化器系に負担をかけないようにすることも、予防という意味では非常に大事です。


腰痛とぎっくり腰



アミティーザ
アミティーザなら医療関係者向け情報サイトで

イモバックス 副作用
イモバックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!