捻挫ガイド TOP → 捻挫の治療 頸椎捻挫の治療

頸椎捻挫の治療

頚椎捻挫の治療に関しては、受傷からどれくらいの時間が経っているかによって、急性期・亜急性期・慢性期の三回に分けて行います。治療期間別の治療方法を一つずつ、下記に記していきます。

*急性期
受傷した直後から一ヶ月以内の場合を、急性期と呼びます。急性期の治療はまず、頚部を動かさないよう安静にしておきます。頚部を保護するために頸椎カラーやギプスで動かないように固定し、筋弛緩剤・抗炎症剤・精神安定剤・ビタミン剤などをといった投薬を必要に応じて行います。患部に湿布を張るのも一般的です。急性期の時はどれだけ安静にしていたかによって、後遺症が出るか出ないかが決まってくるとされています。

*亜急性期
受傷後、一ヶ月から三ヶ月の状態を亜急性期と呼びます。この時期になると投薬よりも、軽い運動をメインに本来の動きへと近づけるようにし、急性期に休ませていた筋肉を強化していきます。他にも温熱治療を行うなどして血液循環を円滑にし、回復を促します。ビタミン剤などの投薬も続ける場合があります。

*慢性期
受傷後、三ヶ月以上経った状態を慢性期と呼びます。ここまで来ると薬物の使用は最小限に抑えます。自立失調症状などを起こしていた場合は、神経ブロック(麻酔を用いた治療法)などといった治療を行うことになります。筋電図・椎間板など各種の検査結果によっては、手術療法の必要性も出ることがあります。基本的には整骨やマッサージなどを行い、出来るだけ後に残らないよう療法を続けていきます。


捻挫の治療



伊豆のダイビングを日帰りで楽しもう
http://www.eastdive.com/course/tour/